アドミッション・ポリシー

入学者受入の方針

学科

国際学院埼玉短期大学は、地域に根ざした身近な高等教育機関として、短期間で大学としての教養や、その基礎の上に立った専門教育を実施し、健全有為な専門職業人(プロフェッショナル)並びに良き社会人を育成することを目標としている。

本学ではこの目標の実現に向けて、次のような人の入学を期待している。
1.本学の建学の精神、教育方針に共感し、継続的に努力することのできる人
2.専門職業人(プロフェッショナル)並びに良き社会人として社会に貢献したい人
3.自らの人格を高め、国際社会の中で尊敬される「人」に成長できる人

幼児保育学科

幼児保育学科では、建学の精神に基づき、豊かな教養と、教育・保育に関する専門的知識・技能、問題解決能力、規範意識・倫理観、社会的責任、学びに向かう力、それらを活用・適用して課題を解決する能力を修得し、保育士・幼稚園教諭・保育教諭を目指す人を求める。

幼児保育学科

幼児保育学科では、次のような人を求める。

  • 新しい時代を生きるために求められる教養、人格形成の基礎となる教養を身につけようとする人。

  • 教育・保育のプロフェッショナルを目指し、幼稚園教諭免許・保育士資格の両方を取得できるよう専門知識・技能を修得しようと学び続ける人。

  • コミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を身につけようとする人。

  • 社会の規律やルールに従って行動でき、誠実で信頼され、自らを律し、他者と協働できる人。

  • 獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、新たな課題にそれらを適用し、課題解決していける人。

こうした保育者としての人間力・専門力を円滑に身につけるためには、高等学校で学ぶ「国語総合」と「国語表現」は特に重要な科目であり、諸能力の基礎となる国語の知識、考える力・感じる力・想像する力・表す力の四つの力、他者と協働できるコミュニケーション能力を身につけるための学習を準備しておくことも必要である。また、豊かな感性を育む自然・環境・人・命等に関わる多くの教養や芸術科・家庭科等の選択科目(音楽、美術、保育関連科目等)を学んでいることも必要である。さらには、保育者として子どもと関わる能力を身につけるためには、生徒会活動、部活動、ボランティア活動等に参加しているなどの積極性があることも必要である。そのため、これらを高等学校でしっかり学んでいるかAO入学試験、推薦入学試験、一般入学試験、社会人入学試験などで評価する。

健康栄養学科

健康栄養学科では、建学の精神に基づき、豊かな教養と、栄養(食物栄養専攻)並びに調理(調理製菓専攻)に関する専門的知識・技能、問題解決能力、規範意識・倫理観、社会的責任、学びに向かう力、それらを活用・適用して課題を解決する能力を修得し、栄養士・管理栄養士・栄養教諭(食物栄養専攻)、並びに調理師・専門調理師(調理製菓専攻)を目指す人を求める。

食物栄養専攻の教育課程

食物栄養専攻では、次のような人を求める。

  • 新しい時代を生きるために求められる教養、人格形成の基礎となる教養を身につけようとする人。

  • 健康づくりの担い手や食のプロフェッショナルを目指し、栄養士・管理栄養士や栄養教諭の免許を取得できるよう専門知識・技能を修得しようと学び続ける人。

  • コミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、思考力、問題解決力等の技能を身につけようとする人。

  • 社会の規律やルールに従って行動でき、誠実で信頼され、自らを律し、他者と協働できる人。

  • 獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、健康づくりや食に関する課題にそれらを適用し、課題解決していける人。

こうした栄養士・管理栄養士や栄養教諭としての人間力・専門力を円滑に身につけるためには、高等学校で学ぶ「化学基礎」と「生物基礎」は特に重要な科目であり、基礎的な数理計算もできる学習を準備しておくことも必要である。また、広い視野を持ち、他者と協働できるコミュニケーション能力を身につけるための国語力や英語力も必要である。さらには、専門職業人として社会に貢献できる能力を身につけるためには、生徒会活動、部活動、ボランティア活動等に参加しているなどの積極性があることも必要である。そのため、これらを高等学校でしっかり学んでいるかをA0入学試験、推薦入学試験、一般入学試験、社会人入学試験などで評価する。

調理製菓専攻

調理製菓専攻では、次のような人を求める。

  • 新しい時代を生きるために求められる教養、人格形成の基礎となる教養を身につけようとする人。

  • 食と調理のプロフェッショナルを目指し、調理師や専門調理師の免許を取得できるよう専門知識・技能を修得しようと学び続ける人。

  • コミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、思考力、問題解決力等の技能を身につけようとする人。

  • 心身ともに健康で清潔感があり、社会の規律やルールに従って行動でき、誠実で信頼され、自らを律し、他者と協働できる人。

  • 獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、食と調理に関する課題にそれらを適用し、課題解決していける人。

こうした調理師や専門調理師としての人間力・専門力を円滑に身につけるためには、高等学校で学ぶ「化学基礎」と「生物基礎」は特に重要な科目であり、基礎的な数理計算もできる学習を準備しておくことも必要である。また、広い視野を持ち、他者と協働できるコミュニケーション能力を身につけるための国語力や英語力も必要である。さらには、専門職業人として社会に貢献できる能力を身につけるためには、生徒会活動、部活動、ボランティア活動等に参加しているなどの積極性があることも必要である。そのため、これらを高等学校でしっかり学んでいるかをA0入学試験、推薦入学試験、一般入学試験、社会人入学試験などで評価する。

専攻科

本学では、建学の精神「誠実・研鑽・慈愛・信頼・和睦」を柱に、「礼をつくし、場を清め、時を守る」という教育方針を掲げ、人格形成に重点をおいた教育に力を注いでいる。
このような教育理念に基づき専攻科では、短期大学等で修得した成果を基盤にして、専門性を深めるため、各専攻に示された、幅広く深い教養と、高度な専門的知識・技能、問題解決能力、規範意識・倫理観、社会的責任、学びに向かう力、それらを活用・適用して課題を解決する能力を修得し、主体的・協働的に学びを深め、社会の有益な人材となることを目指す人を求める。
専攻科修了により、幼児保育専攻(2年制)と健康栄養専攻(2年制)では、4年制大学と同等の学位が取得でき、国・公・私立大学の大学院に進学することも可能である。健康栄養専攻では、管理栄養士として必要な知識と技能を培うとともに、1年以上の栄養士実務経験で管理栄養士国家試験が受験できる。高度調理師専攻(1年制)では、調理師免許を取得できる。キャリア開発専攻(1年制)では、短期大学等で修得した知識を基盤にして、実践的知識・技能、就業力を身につけることができる。

幼児保育専攻(2年制)
(大学改革支援・学位授与機構認定専攻科)

幼児保育専攻では、次のような人を求める。

  • 新しい時代を生きるために求められる教養、人格を形成する幅広く深い教養を身につけようとする人。

  • 保育者として社会の中核で活躍することを目指し、社会のニーズに対応できる教育・保育の高度な専門知識・技能を修得しようと学び続ける人。

  • コミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、思考力、問題解決力等の技能を身につけようとする人。

  • 高い倫理観と社会的責任を持ち、多様な他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修でき、優れた保育士・幼稚園教諭・保育教諭を目指す強い意志を持つ人。

  • 獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、教育・保育に関する課題にそれらを適用し、課題解決し、リーダーとして活躍できる人。

こうしたより高度な幼児教育相談にも対応できる優れた保育者の育成を目指すには、短期大学等で学ぶ教養科目のほかに、教育・保育系の基礎及び応用専門科目を履修しており、幼稚園教諭免許や保育士資格を取得している人が望ましい。そのため、これらの学修成果を推薦入学試験及び一般入学試験で評価する。

健康栄養専攻(2年制)
(大学改革支援・学位授与機構認定専攻科)

健康栄養専攻では、次のような人を求める。

  • 新しい時代を生きるために求められる教養、人格を形成する幅広く深い教養を身につけようとする人。

  • 管理栄養士として社会の中核で活躍することや、健康づくりの担い手や食のプロフェッショナルを目指し、社会のニーズに対応できる健康栄養の高度な専門知識・技能を修得しようと学び続ける人。

  • コミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、思考力、問題解決力等の技能を身につけようとする人。

  • 高い倫理観と社会的責任を持ち、多様な他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修でき、優れた管理栄養士を目指す強い意志を持つ人。

  • 獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、健康栄養に関する課題にそれらを適用し、課題解決し、リーダーとして活躍できる人。

こうした栄養指導の専門家、ライフスタイルのコンサルタント、企業の研究職として幅広い分野で活躍する管理栄養士を目指すには、短期大学で学ぶ教養科目のほかに、栄養系の基礎及び応用専門科目を履修しており、栄養士免許を取得している人が望ましい。そのため、これらの学修成果を推薦入学試験及び一般入学試験で評価する。

高度調理師専攻(1年制)

高度調理師専攻(1年制)では、次のような人を求める。

  • 新しい時代を生きるために求められる教養、人格を形成する幅広く深い教養を身につけようとする人。

  • 調理師として社会の中核で活躍することを目指し、人の健康・栄養・食物に強い関心を持ち、高度な専門知識・技能を修得しようと学び続ける人。

  • コミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、思考力、問題解決力等の技能を身につけようとする人。

  • 高い倫理観と社会的責任を持ち、多様な他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修でき、優れた調理師を目指す強い意志を持つ人。

  • 獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、調理の新たな課題にそれらを適用し、課題解決し、リーダーとして活躍できる人。

こうした調理師免許を活かして活躍する人材となるためには、短期大学等で修得した教養・知識・技能を身につけている人が望ましい。そのため、これらの学修成果を推薦入学試験及び一般入学試験で評価する。

キャリア開発専攻(1年制)

キャリア開発専攻では、次のような人を求める。

  • 新しい時代を生きるために求められる教養、人格形成の基礎となる教養を身につけようとする人。

  • 幼児保育者・栄養士・調理師の基礎教育を受けた者または有資格者が、さらに高度な教育を受け、広く専門分野に関わる高度の実践的知識・技能を身につけようとする人。

  • コミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、思考力、問題解決力等の技能を身につけようとする人。

  • 心身ともに健康で社会の規律やルールに従って行動でき、誠実で信頼され、自らを律し、他者と協働できる人。

  • 獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、新たな課題にそれらを適用し、課題解決し、リーダーとして活躍できる人。

こうした専門職業人としての高度な実践的知識・技能、就業力を身につけた人材となるためには、短期大学等で修得した教養・知識・技能を身につけている人が望ましい。そのため、これらの学修成果を推薦入学試験及び一般入学試験で評価する。