ディプロマ・ポリシー

卒業認定・学位授与の方針

幼児保育学科

幼児保育学科では、建学の精神に基づき、豊かな教養と、教育・保育に関する専門的知識・技能、問題解決能力、規範意識・倫理観、社会的責任、学びに向かう力、それらを活用・適用して課題を解決する能力を修得したと認められる者に卒業を認定し、学位(教育学)を授与する。

幼児保育学科

短期大学士(教育学)を取得するために、以下のことを修得する。
(教養)
1.新しい時代を生きるために求められる教養、人格形成の基礎となる教養を修得する。
(知識・技能)
2.社会のニーズに対応できる教育・保育の専門知識・技能を修得する。
(汎用的技能)
3.知的活動でも職業生活や社会生活でも必要なコミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を修得する。
(態度・志向性)
4.高い倫理観と社会的責任を持ち、他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修する能力を修得する。
(総合的な学習経験と創造的思考力)
5.獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、新たな課題に適用し、その課題を解決する能力を修得する。

  • (教養)新しい時代を生きるために求められる教養、人格形成の基礎となる教養を修得する。

  • (知識・技能)社会のニーズに対応できる教育・保育の専門知識・技能を修得する。

  • (汎用的技能)知的活動でも職業生活や社会生活でも必要なコミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を修得する。

  • (態度・志向性)高い倫理観と社会的責任を持ち、他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修する能力を修得する。

  • (総合的な学習経験と創造的思考力)獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、新たな課題に適用し、その課題を解決する能力を修得する。

健康栄養学科

健康栄養学科では、建学の精神に基づき、豊かな教養と、栄養(食物栄養専攻)並びに調理(調理製菓専攻)に関する専門的知識・技能、問題解決能力、規範意識・倫理観、社会的責任、学びに向かう力、それらを活用・適用して課題を解決する能力を修得したと認められる者に卒業を認定し、短期大学士(栄養学)・短期大学士(調理学)を授与する。

食物栄養専攻

短期大学士(栄養学)を取得するために、以下のことを修得する。
(教養)
1.新しい時代を生きるために求められる教養、人格形成の基礎となる教養を修得する。
(知識・技能)
2.社会のニーズに対応できる栄養の専門知識・技能を修得する。
(汎用的技能)
3.知的活動でも職業生活や社会生活でも必要なコミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を修得する。
(態度・志向性)
4.高い倫理観と社会的責任を持ち、他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修する能力を修得している。
(総合的な学習経験と創造的思考力)
5.獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、新たな課題に適用し、その課題を解決する能力を修得する。

調理製菓専攻

短期大学士(調理学)を取得するために、以下のことを修得する。
(教養)
1.新しい時代を生きるために求められる教養、人格形成の基礎となる教養を修得する。
(知識・技能)
2.社会のニーズに対応できる調理の専門知識・技能を修得する。
(汎用的技能)
3.知的活動でも職業生活や社会生活でも必要なコミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を修得する。
(態度・志向性)
4.高い倫理観と社会的責任を持ち、他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修する能力を修得する。
(総合的な学習経験と創造的思考力)
5.獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、新たな課題に適用し、その課題を解決する能力を修得する。

課程修了認定の方針

専攻科

専攻科の幼児保育専攻と健康栄養専攻では、建学の精神に基づき、短期大学で取得した免許・資格(幼稚園教諭二種、保育士、栄養士)や修得した成果を基盤にして、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の学位授与制度を利用し、「学士」の学位取得に向け、各専攻に示された幅広く深い教養と、高度な専門的知識・技能、問題解決能力、規範意識・倫理観、社会的責任、学びに向かう力、それらを活用・適用して課題を解決する能力を修得した者に専攻科の課程を修了したことを認定する。
専攻科の高度調理師専攻(1年制)では、短期大学で修得した成果を基盤にして、調理師免許を取得するとともに、健康と調理について総合的に学び、高度な職業意識を身につけた者に修了したことを認定する。
専攻科のキャリア開発専攻(1年制)では、短期大学で修得した成果を基盤にして、所定の修了単位を取得し、広い実践的専門知識・技能を身につけた者に修了したことを認定する。

幼児保育専攻(2年制)
(大学改革支援・学位授与機構認定専攻科)

独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の学位授与制度を利用し学士(教育学)の学位を取得し、より高度な幼児教育にも対応できる優れた保育者として活躍するために、以下のことを修得する。
(教養)
1.新しい時代を生きるために求められる教養、人格を形成する幅広く深い教養を修得する。
(知識・技能)
2.社会のニーズに対応できる教育・保育の高度な専門知識・技能を修得する。
(汎用的技能)
3.複雑で変化の激しい社会に対応できるコミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を修得する。
(態度・志向性)
4.高い倫理観と社会的責任を持ち、多様な他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修する能力を修得する。
(総合的な学習経験と創造的思考力)
5.獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用・適用し、課題を考察・解決する幅広い能力を修得する。

健康栄養専攻(2年制)
(大学改革支援・学位授与機構認定専攻科)

独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の学位授与制度を利用し学士(栄養学)の学位を取得し、より高度な栄養指導を実践できる優れた管理栄養士として活躍するために、以下のことを修得する。
(教養)
1.新しい時代を生きるために求められる教養、人格を形成する幅広く深い教養を修得する
(知識・技能)
2.社会のニーズに対応できる健康栄養の高度な専門知識・技能を修得する。
(汎用的技能)
3.複雑で変化の激しい社会に対応できるコミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を修得する。
(態度・志向性)
4.高い倫理観と社会的責任を持ち、多様な他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修する能力を修得する。
(総合的な学習経験と創造的思考力)
5.獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用・適用し、課題を考察・解決する幅広い能力を修得する。

高度調理師専攻(1年制)

調理師免許を取得するとともに、健康と調理について総合的に学び、高度な職業意識を身につけるために、以下のことを修得する。
(教養)
1.新しい時代を生きるために求められる教養、人格を形成する幅広く深い教養を修得する
(知識・技能)
2.社会のニーズに対応できる健康と調理の高度な専門知識・技能を修得する。
(汎用的技能)
3.複雑で変化の激しい社会に対応できる調理指導に必要なコミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を修得する。
(態度・志向性)
4.高い倫理観と社会的責任を持ち、多様な他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修する能力を修得する。
(総合的な学習経験と創造的思考力)
5.獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、調理に関する新たな課題に適用し、その課題を解決する幅広い能力を修得する。

キャリア開発専攻(1年制)

教育・保育(幼児保育コース)又は食と健康(健康栄養コース)に関わる高度の実践的知識・技能を身につけるために、以下のことを修得する。
(教養)
1.新しい時代を生きるために求められる教養、人格を形成する幅広く深い教養を修得する。
(知識・技能)
2.社会のニーズに対応できる広い実践的な専門知識・技能を修得する。
(汎用的技能)
3.複雑で変化の激しい社会に対応できるコミュニケーション・スキル、プレゼンテーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を修得する。
(態度・志向性)
4.高い倫理観と社会的責任を持ち、多様な他者と協働して生涯にわたり自律・自立して学修する能力を修得する
(総合的な学習経験と創造的思考力)
5.獲得した知識、技能、態度等を総合的に活用し、新たな課題に適用し、その課題を解決する幅広い能力を修得する。