学科の特色

学びのポイント

経験豊富な教員が丁寧に学生をサポート

国際学院で長年指導をしているベテラン教授陣が多数在籍。幼児保育に関する指導はもちろん、声楽や演奏で優秀な実績を挙げるその道のプロの指導も受けられます。講師には幼稚園・保育園で働く経験者もいて、幼児保育についてのあらゆる疑問や相談に丁寧に対応してくれます。

学生からのメッセージ

子どもとの交流会や体験学習など
実践を通して専門性が高まります

幼児保育学科
安藤 楓(埼玉県立鴻巣女子高等学校 出身)
充実した教育内容と、集中して学びに取り組める環境に惹かれて志望しました。国際学院では実際の保育室を模した「おそらのへや」で、子どもの立場で学ぶ体験型学習や、地域の園児との交流会を行います。授業や園児とのふれ合いを通して、子どもの目線で考える力が身につきました。将来、愛情をもって子どもと接することができる保育者になるため、さらに学びを深めていきたいです。

先生からのメッセージ

“いつも明るく元気に前向きに”
そんな保育者を目指して、学んでほしい

幼児保育学科 准教授

古木 竜太〔修士(武道・スポーツ)〕
本学科で保育者を目指す皆さんに望むのは「どんな時、どんなことでも明るく元気に前向きに取り組む姿勢」です。保育者は子どもの将来を映す「鏡」。毎日元気に明るく挨拶している先生のクラスの子どもたちは、教えなくても元気に明るく挨拶ができます。元気で笑顔が素敵な先生が大好きで、そんな先生の真似をしながら子どもは様々なことを学んで育ちます。専門性はもちろん、人間性豊かな保育者を目指してほしいです。

子どもから愛され、保護者に信頼される人間力を磨く

子どもたちの目線に立ち、気持ちをくみとって心に寄り添える保育者になるためには、自分を磨き、人間力を養うことが大切です。限りない愛情で子どもたちの成長を見守るために、そして保護者の信頼を得るために、豊かな心や社会人としてのマナー・常識などを身につけます。

時代のニーズに対応できる知識や技能を身につける

常に変化する時代のニーズに応えられる専門力を養うため、幅広い分野においてハイレベルなカリキュラムを揃えています。子どもの発達段階に合わせた保育の基礎知識や、豊かな感性を育む音楽・図画工作などの表現方法、教育現場で求められる指導方法などを修得します。

卒業と同時に資格を取得し多様な職場で活躍できる

卒業と同時に幼稚園教諭二種免許状と保育士資格が取得可能で、他にも保健児童ソーシャルワーカーの受験資格や、幼児体育指導員資格も取得できます。卒業後は幼稚園や保育所、認定こども園、学童保育、福祉施設など、資格を活かして様々な道へ進むことができます。

取得可能な免許・資格

卒業と同時に取得可能な免許・資格

  • 幼稚園教諭二種免許状

  • 保育士資格

その他の取得可能な資格

  • 保健児童ソーシャルワーカー資格*

  • 幼児体育指導員資格

  • 実践保育力検定

  • おもちゃインストラクター

*受験資格

就職内定率(平成29年度実績)

100.0%(内定者/希望者)