国際学院埼玉短期大学からのお知らせ

[お知らせ]

卒業研究発表会を開催しました

2月22日(金)、卒業研究発表会を開催しました。

本学では「卒業研究」に学生全員が取り組んでいます。指導教員のアドバイスを受けながら主体的に研究に取り組み、図書館での文献調査やインターネットを活用したリサーチ、さまざまな施設・機関での調査、あるいは自ら実験を行い、その研究成果を2年間の総仕上げとして論文にまとめます。

国際学院の掲げる「人づくり教育」の集大成である卒業研究は、平成19年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」に選定されています。

卒業研究発表会の会場は、さいたま市民会館おおみや。入学生には将来の自分の姿を想像してもらうために、外部の方には学生の2年間の成長を見ていただくために、市民会館で行います。

壇上で20名の学生が代表として発表を行い、発表後には活発な質疑応答が行われました。

発表学生懇談会

発表会終了後は、学長から発表学生一人ひとりに表彰状が授与されます。

無事に発表も終わり、学生からほっとした笑顔がこぼれます。指導教員への感謝の言葉が続き、会場一同は達成感にひたりました。

来賓よりメッセージをいただきました

卒業研究発表会には学生の就職先企業の方々、出身高等学校の先生方、行政からもお越しくださり、学修成果をご覧になると同時に発表学生に激励の言葉をかけてくださいました。

来賓メッセージ

東京都 A.H.様

学生は、課題に気づき、背景を理解し、何を目的に課題に向き合い、必要があれば人を巻き込み、自分自身でどのように考えるかという一連のプロセスを通して、社会に出た後、様々な場面に対応できる力を身に付けるのだろうと感じました。