国際学院埼玉短期大学からのお知らせ

[お知らせ]

【健康栄養学科】課題学習応援メッセージ

学生の皆さん、課題学習は進んでいますか? 特に1年生はキャンパスにもほとんど来ることができず、慣れない環境の中で頑張っていることと思います。国際学院では教職員一同、皆さんの学習環境向上のために取り組みを進めています。このたび、各科目を担当する先生方から皆さんに向けて応援メッセージが続々と届いています。このページにどんどん掲載していきますので、勉学の励みにしてください!

健康栄養学科

学長 大野 博之

学長の大野です。今回は1年生を対象に、「建学の精神」「高等教育の成果」についての課題を提示しています。多くのレポートから丁寧に調べ、深く考え、自身の意見をきちんと述べる、素晴らしい学習の過程がよく分かります。面接授業開始後には皆さんと共有し、他者と議論を交わすなど、さらに学びを深めていきたいと思います。

学科長 馬場 和久

COVID-19蔓延による大変厳しい環境の中ですが、学生の皆さんの頑張りがよく伝わってきています。今は家で与えられた時間を有効に利用するしかありません。課題への取組を通して、特に、書く力、考える力、そして表現する力を磨き、少しでも専門力の向上に繋げましょう。皆さんの健康を願いながら、元気に再会出来る日を楽しみにしています。

1年A組担任 古俣 智江

一つ一つの課題に一生懸命取り組んでいる皆さんの姿を思い浮かべながら、課題を作成しています。私も皆さんと一緒に授業をしている気持ちです。課題学習でも、少しでも身近に授業を感じられるよう、そして皆さんがスムーズに面接授業に臨めるようにサポートしたいと思っています。皆さんの目標とする栄養士になれるようサポートしますので、一緒に頑張りましょう!一日も早く一緒に授業ができることを心から楽しみにしています!!

1年B組担任 田中 佑季

皆さんは、外出制限のために毎日の楽しみや自由が奪われ、大変に我慢していることと思います。その我慢は、自分のためだけではなく、親しい人のため、社会のためにしているのだと思います。本当に立派です。社会が落ち着き、皆さんが登校できることを楽しみにしています。

1年C組担任 田中 辰也

皆さんこんにちは。健康栄養学科 調理製菓専攻1年C組担任の田中辰也です。調理実習(西洋料理)を担当しています。現在、調理実習は開講できていませんが、授業再開後には皆さんの技術修得に力を尽くしますので安心して下さい。また、限られた情報の中で熱心に課題学修に取り組む皆さんの様子をオンラインで確認しています。とても立派です。引き続き頑張って下さい!

2年A組担任 大 雅世

皆さんこんにちは、体調は大丈夫ですか? 登校もできず、不安な中でも一生懸命課題に取り組んでくれていること、日々伝わってきており嬉しく思っております。その努力の部分は必ず活きてきますのでこれからもがんばって下さい。面接授業が再開されましたら全力でサポートしますので安心して下さいね。皆さんと、お会いできることを楽しみにしております!

2年B組担任 冨重 慶子

学生の皆さん、こんにちは。新型コロナウイルスのため在宅での学習が続いていますが、皆さんは本当に頑張っています。栄養指導をする時、対象者について考える事、想像する事が大切になってきます。今回のような経験もきっと、将来栄養士になった時に役立ってくれことと思います。今できることを精一杯頑張りましょう。一日も早く学校で、授業で会える日を楽しみにしています。

2年C組担任 福田 馨

こんにちは!充実した内容ある日々を過しておりますか? 授業担当の先生方から、皆さんが課題を一生懸命に取り組んでいることを聞いております。普段とは違うスタイルでの学習ですが、引き続き前向きに取り組み、頑張って下さい! 学校での授業再開後では、この間に得た知識を充分に授業へ活かして下さい。一日も早く、調理実習など授業のサポートができることを楽しみにしています。

塩原 明世

みなさん、課題に慣れてきましたか?お友達とも会えず、不自由を感じていると思います。短大のこと、課題のこと、困ったらぜひ学校へ連絡したり、ポートフォリオに感想を書くなど、一人で悩まないでくださいね。大学生らしく自分で自分の生活をマネージメントして、生活リズムを大切にし、元気で6月に会いましょう!

大野 満奈

今年度は、新型コロナウイルスの関係で海外研修に行くことができなくなってしまった代わり、本講義では、日本にいながら海外の人と交流できるよう、アメリカ出身のマット先生とエリカ先生の協力を得ようと考えています。自粛明けで対面授業ができるようになったら、各先生方との個人レッスンも考えていますので楽しみにしていてください。

田中 政巳

皆さんは今、新しい病原微生物である新型コロナウイルスによる感染症流行という困難な状況の中で学習を続けています。一緒に頑張っていきましょう。皆さんは短大の授業で食品衛生について学習します。食品衛生において最も重要なことの1つは、細菌やウイルスなどの病原微生物に起因する食中毒を防止することです。皆さんの従事する将来の仕事においても、食中毒の防止は最も重要なことのひとつです。短大の授業で学習することは、どれも皆さんの将来に活かされる大事なものです。

田中 祐作

こんにちは健康栄養学科 調理製菓専攻 田中祐作です! 調理実習(西洋料理)を担当しています。4月入学からの課題学習となり、一日も早く調理実習をみんなと一緒に出来る事を楽しみに待っております。手洗い・うがい薬忘れず、元気で再会を。

武藤 隆

皆さん、こんにちは。今までに経験したことのない生活をしていると思いますが、当初はゆっくり出来て良いと思いましたが、何もしないで一日を過ごしていると体が、脳が働かなくなっていくように感じ、今一生懸命、家庭で出来る手ごねのパン作りをしています。学生の皆さんも、脳の活性化を促す意味でも、課題に取り組み、規則正しい生活を送り、授業再開に向けて、頑張りましょう。

野村 知恵子

学生のみなさん、在宅での学習、お疲れ様です! みなさんが在宅にいることで、感染拡大が抑えられているようです。なかなか、窮屈な生活ではありますが、この自粛生活が解放されたら、思いっきり学生生活を楽しみましょう。みなさんには、無限の可能性があります。こんな状況下ではありますが、この難関を乗り越え、その先の未来を学院の先生方と共に切り開きましょう。一日も早くみなさんと一緒に学べる事を祈って。

小山 智久

学生の皆さん、学習課題は進んでいますか? 今は家での学習課題ばかりでつまらないと思いますが、皆さんが家にいることが感染拡大を抑制することに貢献しています! また、時間のある今こそ自宅で調理や食材に触れ、調べて理解を深めるチャンスだと思います。皆さんが元気に登校できる日を楽しみにしています。

川崎 裕子

学生のみなさんこんにちは。健康栄養学科調理製菓専攻副手の川崎です。私たちの仕事は人の健康にかかわる仕事です。食べ物に関する正しい情報を伝えることで多くの人の健康にかかわることができます。食事の喜びを伝えながら健康に大切な栄養の仕事を、2年間で習得しましょう。学校が再開したら調理実習室で会える日を心待ちにしています。