国際学院埼玉短期大学からのお知らせ

[お知らせ]

【幼児保育学科】課題学習応援メッセージ

学生の皆さん、課題学習は進んでいますか? 特に1年生はキャンパスにもほとんど来ることができず、慣れない環境の中で頑張っていることと思います。国際学院では教職員一同、皆さんの学習環境向上のために取り組みを進めています。このたび、各科目を担当する先生方から皆さんに向けて応援メッセージが続々と届いています。このページにどんどん掲載していきますので、勉学の励みにしてください!

幼児保育学科

学長 大野 博之

学長の大野です。今回は1年生を対象に、「建学の精神」「高等教育の成果」についての課題を提示しています。多くのレポートから丁寧に調べ、深く考え、自身の意見をきちんと述べる、素晴らしい学習の過程がよく分かります。面接授業開始後には皆さんと共有し、他者と議論を交わすなど、さらに学びを深めていきたいと思います。

副学長 清水 誠

「環境」の授業を担当している清水です。課題3からは、「環境のねらい及び内容を踏まえ、子どもが経験し身に付けていくための遊び(教材や素材を含む)」を皆さんにたくさん考えてほしいと思い課題を出しました。私の子ども時代、七色の光を発するプリズムやラジオの中からできてきた磁石が宝物でした。がんばろう!

学科長 中村 敏男

「言葉」を担当する中村です。授業では、幼い子どもの言葉の成長を支える保育者を目指して、様々な角度から考えていきます。そのための準備として、課題レポート、頑張りましょう。幼い時「エレベーター」を「エベレーター」と言っていた…そんな体験を振り返ることが、幼い子どもの言葉について考えるきっかけになります!

1年A組担任 古木 竜太

毎日、我慢や辛抱の日々が続いていると思います。出来ないことではなく、今だからこそ、出来ることに目を向けて。今まで気づかなかったことに気づくことも。まぶしい朝日や夜空の星。鳥の声、昆虫・植物の息吹。密を避けて走ると、違う景色が見えるようになりました。みなさんも、ぜひ!みなさんと授業ができる日のために、今日も走ります。

1年B組担任 髙橋 淳一郎

1年生の「教育心理学」を担当している髙橋です。心理学って高校までは勉強したことがないので、何の役に立つのかわからないこともあるでしょう。でも、けっこう身近なところで心理学が活かされているんですよ。こんな時だからこそ色々なものに目を向けて、「こんなところにも心理学!」というのを見つけてください。

1年C組担任 大野 琴絵

皆さん、課題本当にお疲れ様です。やる気を出す方法はまず、セルフケアがとっても大事です。①しっかり睡眠する②栄養バランスの取れた食事をとる③適度な運動をする。この3つを整えるだけで、集中力が抜群に上がります!おすすめは「ストレッチマン」です!YouTubeで検索してみて、この機会にお家で楽しく運動してみましょう!

2年A組担任 本多 舞

こんにちは。皆さんは、非常事態で日々不安を抱えながら過ごしていると思います。今は色々と我慢することが多いですが、この状況を乗り越えた先に新しい生活や明るい未来が待っているので、何事も諦めずに気持ちを強く持ってもう少し頑張りましょう!そして、少しでも不安なことがあれば、いつでも先生方に連絡して下さい。

2年B組担任 加藤 隆芳

課題への積極的な取り組み、ありがとうございます。これまでの学びを基にした言葉がちりばめられたレポートを拝読すると、対面授業が楽しみでなりません。授業では、現場の実際について扱いたいと思います。特別支援や福祉のキーワードは「多様性」です。新聞やニュース等に示される社会事象にも目を配り、多様性に係る学びを深めてみてください。

2年C組担任 越智 光輝

1年生・2年生の皆さん、課題レポート頑張っていますか?広い視野で考えられていることが伝わるレポートや、これまでいろいろな経験を積んできたことがわかるレポートなど、毎回、非常に興味深く、皆さんが提出した課題に目を通しています。今、出来ること一つひとつに、丁寧に取り組んでください!対面授業が再開され、皆さんに会える日を心待ちにしています。

武内 道郎

「ボランティア論」「卒研・幼児教育ゼミ」担当、4月からの新人です。新型コロナの流行は、歴史に残る大事件ですが、必ず収束します。奮闘される医療関係の皆様への感謝を忘れず、感染を正しく恐れつつも冷静に行動して欲しいと思います。課題は大変ですが、受け身の学びよりも自分の血肉になります。頑張ってください。

中平 浩介

ここまで3つの課題を出題していますが、大半の学生が期限内に提出してくれています。もちろん出来不出来はありますが、通信環境の違いを考慮するとよく頑張っている印象です。それぞれがおかれた環境によって出来ることと出来ないことがありますが、この状況をプラスと捉え、情報処理の技術を磨きましょう。頑張ってください。

佐野 ゆかり

「健康」を担当している佐野です。1年生はまだ「レポートの書き方」も学んでいないのに、いきなり課題レポートで戸惑っている人も多いと思いますが、「勉強することは楽しい」と感じられるような課題にしたいと思っています。くれぐれも健康に気をつけて、6月には元気にお会いしたいです。対面授業が始まったら、グループワークなどをするのを楽しみにしています。

牧野 和江

私は、1年生の皆さんと同様に今年度から大学にお世話になっています。皆さんも学校の様子がわからず、不安なこともありますよね。困った時、不安な時は遠慮しないで質問(電話)しましょう。先生方、事務局の職員の皆さんが丁寧に教えてくれます。あと少し自粛、遠隔授業頑張りましょう。皆さんとの授業楽しみにしています。

山下 佳香

見て、触って、つくって、感じる…その繰り返しこそが子どもにとっての遊びです。その遊びの面白さを造形表現授業で、自分を思いっきり発揮してみましょう。挑戦し試行錯誤し、そして一緒に感性を伸ばして行きましょう。