個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて

 平成17年4月から「個人情報の保護に関する法律」が全面施行されました。これに伴い、本学院では「個人情報保護基本方針」を定め、全学院を挙げて取り組むことを宣言しています。
 特に、次のことについてはご理解とご了承のうえ、入学時に「同意書」を提出していただいています。

1. 学生の「氏名・肖像(写真・映像など)」を以下のことに使用すること

  • 学院創立記念行事、後援会総会、学友会活動報告における学校行事の報告

  • 五峯祭(文化祭)・研修旅行・体育大会など学校行事における発表・展示・表彰

  • 海外研修および事前宿泊研修・オリエンテーション宿泊研修参加者に関する、旅行業者等への個人情報の提供

  • 卒業アルバムへの掲載

  • 学校案内(パンフレット・リーフレット・ポスター・ホームページ等)、国際学院広報(学院新聞等)への掲載及び学校案内ビデオの放映

  • 各種学校行事における受賞者・履修に関すること・学校生活における連絡事項の学内掲示板への掲示連絡

2. 学生氏名・連絡先を有事の際の連絡手段としてクラス内に提供すること。(緊急連絡表の作成に使用)

個人情報保護基本方針

 本学院は、業務上取り扱う全ての個人情報の保護について社会的使命を十分に認識し、情報主体の権利の保護、個人情報に関する法規範等を遵守し、以下に示す方針を具現化するために、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に着目し、個人情報保護に全学院を挙げて取り組むことを宣言します。

●個人情報は本学院における学生の管理等の正当な事業遂行上、並びに教職員の雇用、人事管理上、
 必要な範囲に限定して、収集・利用・提供します。
●個人情報への不正アクセスまたはその破壊・漏洩等のリスクに対しては、合理的な安全対策を講じ
 事業の実情に合致した経営資源を注入し個人情報セキュリティ体制を継続的に向上させます。
●個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守します。
●情報主体のニーズ、IT技術の動向等を含めた本学院を取り巻く環境の変化を踏まえ、
 適時・適切にその改善を継続的に推進します。

 本方針は、全役員および教職員に配付して周知させるとともに教職員各自の教育と啓発に努め、常に個人情報保護意識の高揚を図ります。